KIYOねえの美ジョレッチ生活

身体はロミロミ・アルジェサーキュレーションセラピー、心はヒプノセラピー、身体を温めゆるめて動かす!
食の改善は酵素栄養学より、セルフケアは「美ジョレッチ」全てはバランスです!体感してみませんか?

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 恵比寿ハワイアンダイニングカフェのランチめちゃうまオムライスカレー食べてきましたん。@ROYAL PLACE | main | 夏はやっぱりTUBEだねぇ〜@横浜スタジアム >>

太っちゃった!と感じたら。。。今の生活習慣があなたの身体を作っていること自覚することから始めませんか?(^^)

JUGEMテーマ:健康


おはようございます。


今日は…ダイエットしたいけど食欲を抑えられない…いったいこの食欲ってどうなってるの?



という方のために…


食欲は大脳の視床下部にある食欲中枢によってコントロールされているんですね


満腹感と空腹感のバランスが取れるように…。


食欲中枢には…摂食中枢と満腹中枢があります。




この食欲は大きく分けると下記の2つが存在します。


1、生命を維持するために必要な生理的食欲


その1 胃壁の収縮によって


胃の中が空っぽになり時間がたつと胃は収縮を始めます。

すると交感神経が伝達をはじめ摂食中枢にあなたは空腹ですよぉ〜と伝えて空腹感を感じることになる(^_^;)


逆に食べ物が入ってくると、胃が伸張して、副交感神経〜満腹中枢に伝達してお腹がいっぱいを感じ食欲がなくなります(^^)



その2 化学的刺激


食事をすると血糖値が上昇し、満腹中枢が刺激され食欲がなくなります(^^)


食事をして時間が経つとエネルギーの消費で血糖値が低くなり、身体に蓄えていた中性脂肪を分解した遊離脂肪酸を利用してエネルギーとします。このとき摂食中枢が刺激されて食欲がわいてくるんですね(^_^;)



2、視覚・味覚・聴覚・嗅覚・触覚の五感から感じる過去の経験や刺激や精神的なものが影響している

心理的・感覚的食欲


食事をすると五感が働き…その過去の経験や感じた気持ちが影響しています


口から…味・食感・温度

目から…大きさ・色・形

鼻から…香り・匂い

耳から…料理をつくる音、食べるときの音

目・鼻・耳から…食事の雰囲気


味・目から入る情報・匂い(香)・音・温度…などの情報が大脳皮質に伝達され

扁桃体で体験や知識となり、食欲中枢を刺激するんですね。


この感じた感覚が潜在意識に残り…


美味しいと感じると摂食中枢が刺激され食欲がわいてきます。

逆にまずい!と感じると満腹中枢が刺激されて食欲がなくなる。。。というわけです。



さて、上記のことをふまえて、、、、

食生活をどう変化させると食欲を減らすことができるのか…。



ダイエットダイエットと最近は食べないで痩せようとする方が増えていますが、、、

食べずに痩せるとたるみの原因になっていることを施術していると感じます。


太りすぎてるなと感じている身体には、そこまでの食生活や睡眠・運動などのバランスが崩れて

今の身体になっていることをまず受け止めていただいて、その生活習慣を改善しよう!という

気持ちをもって、健康体になるためのダイエットをしていただけたら身体は変化します。



痩せるにはどうしたらいいのかと思案するよりも


健康的な生活習慣に変えてみよう!から始めませんか?


健康の先に…不要なものを捨てられる身体の先に…美があること体感してみませんか?

ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^

人気ブログランキングへ
健康Be | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kiyonee.com/trackback/1087880
この記事に対するトラックバック
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、すべて著者本人のカメラで撮影したものばかりでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m