KIYOねえの美ジョレッチ生活

身体はロミロミ・アルジェサーキュレーションセラピー、心はヒプノセラピー、身体を温めゆるめて動かす!
食の改善は酵素栄養学より、セルフケアは「美ジョレッチ」全てはバランスです!体感してみませんか?

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ロミロミ仲間と満月の浄化してきましたん@ハワイオアフ島ワイキキ | main | 1日に何回歯磨きしますか? >>

オアフ島で朝陽と夕陽が見える山で夕陽にホ‘オポノポノ@パレフアマウンテン

JUGEMテーマ:旅行
おはようございます(^_^) 昨日は日曜日で…APECの影響で通行止めなどがあり…

コオリナで会議があった影響なんですが…。

山から下りてワイキキまで行くのが(いけないというよりも足がなかったんです…)

ちと厳しいこともあり

1日山小屋のような家でのんびりモードの時間を過ごすことができました(^^♪






15分ほど歩いてお散歩していると見えてきました。。。



時間は17時過ぎ…



ハワイも雨期に入り…秋な気配。 真夏よりもやっぱり陽が短いのであります。







雨期だとどうしてもこんな感じ。


いつもガスがかかっているようなイメージの幻想的な夕陽になるか…



すっかり雲隠れしたような感じになることが多いのがこの時期。







それでも沈む前にひょこっと顔を出してくれました。


かなぁりラッキー!(^^♪ ホ‘オポノポノの時間でございます。



こころのなかにある今日1日の…

この数日持ち越してしまったネガティブな想いを 手放す時間。


古代ハワイアンのホ‘オポノポノにはセルフホ‘オポノポノはありません。。。

常に相手と顔を合わせてお互いの許しをしていくのがホ‘オポノポノとされていますが、

どうしても相手と会えないとき…ありますよね。


そんなときはセルフで行うこともしていく必要があるというのが現代の考え方。



どうしてあの時ああいえなかったんだろう。。。。

なぜ、あの人は私にあんなこといったの?



人と人が繋がっていれば、育った環境も家族の習慣も生き方も異なります。

相手の感じていることを認めてることからはじめてみませんか?

思い込みや憶測でその人を…あの人はこうだからと決め付けてしまうより まずは、、、

相手の存在そのものを認めて。。。

受け取った言葉で傷ついたり悩んだりすることを続けるよりも その感情そのものを手放す…。


それが出来たら素敵だと思いませんか?

ホ‘オポノポノをして…一旦手放し

もし、その人とそのことについて話が出来るときがあれば

自分が手放したつもりでも手放しきれないとき…




相手と…お互いに認め愛、、、


話し愛、許し愛 そして、労わり愛…


その後は高め愛ができるより良い関係を繋いでいくだけです(^^)



手放せないとき…



なんどもなんども毎日でもセルフホ‘オポノポノをしてみたらいかがでしょう?

それでも、、、手放せないときはやっぱり相手と話し愛をすることが素敵な時間となると思います。

なんかこのごろ身体に力が入っている
なんかこのごろ心が苦しい
なんかこのごろがんばりすぎてる
なんかこのごろ人と話をするのがおっくう などなど…


自分でも気がつかないうちに人からの言葉ががっつり潜在意識に入り込んで

ネガティブになっている部分を感じるときがありませんか?

そんなときは…まずはそう思ってしまった自分の想いを解放してみませんか?

ごめんなさい
許して下さい
愛しています
感謝します

ありがとう…。

ただその言葉を言えばいいというだけにこだわるよりも その想いを手放す…


時間をかけても一瞬でもあなたのお好きなように自由に(^_^)


人気ブログランキングに参加していますj。
うさぎさんを1日1クリックの応援をしていただけたら幸いです。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^

人気ブログランキングへ
ハワイにて | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kiyonee.com/trackback/1087937
この記事に対するトラックバック
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、すべて著者本人のカメラで撮影したものばかりでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m