KIYOねえの美ジョレッチ生活

身体はロミロミ・アルジェサーキュレーションセラピー、心はヒプノセラピー、身体を温めゆるめて動かす!
食の改善は酵素栄養学より、セルフケアは「美ジョレッチ」全てはバランスです!体感してみませんか?

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< f♯factoryの2周年記念ライブがあります。2月17日19時〜銀座TACT | main | f♯factory2周年記念ライブ半音UP!昭和〜平成まで歌って踊りましたー!その1 >>

デトックススペシャルコース!ホルミシス温浴+ホルンローラー+ロミロミ

JUGEMテーマ:健康

デトックススペシャルコース!

1、身体の芯までしっかり温める!

ホルミシス温浴60分




ホルミシス温浴でがっつり温めていきます。

遠赤外線+ホルミシス⇒身体の芯まで温めていくと

免疫力up!
自律神経のバランスup!
ホルモンバランスup!

につながります。







パラフィンに汗がしっかり溜まります。
こちらは実際にお客様が入られた後のパラフィンに溜まった汗です。

2、ホルンローラー施術60分





シリコンに天然鉱石の超微粉パウダーを練り込んだシートが

くるっと巻いてあるホルンローラー

フォトンエネルギーと言って
あてるだけで超高速で身体の深いところまでエネルギーを送り届けます。





身体のすみずみまでコロコロころがしながら、

老廃物をどんどん排泄できる方向へ流していきます。




老廃物には

身体が栄養を吸収した後のゴミ
入ってきた菌をやっつけたあとの残骸
ぶつけたりした時に血管から外へ出てしまった血液
余分な脂肪〜

などなどいろいろなものが混ざっています。

セルライトはそういった不要なものが滞って
冷えて固まって…

温めてゆるめて動かして…
ホルミシス温浴+ホルンローラー
すごいコンビです。

そして、ものにはすべて波動があります。

人には人の波動をあてるのが心地よいのです。

ということ事で、いよいよオールハンドの施術が入ります。


3、ロミロミ60分



ロミロミはハワイのマッサージ。

その昔、男尊女卑だったハワイにおいて
ハワイの文化を伝えるには全て男性から男性へ
家長から次なる家長へと伝承されてきました。

が、ある時アンティマーガレット女史に伝承されたのです。
初めての出来事でした。

そこでアンティマーガレット女史はサロンロミロミを作り出し
伝承して行ったのです。




ハワイには、ヘイアウという場所があります。

そこでは、特別な儀式や、特別な技術を伝えたりが行われていました。
いろいろなヘイアウがあります。
その儀式の中には戦いの前にいけにえをささげていた場所もございます。
間違えて近寄ると不思議な力で頭痛がしたり、体調を崩したりがある場合がございますので現地の方に良く話を聞いてお出かけくださいませ。





ホヌ(亀)は、幸せを呼ぶ海の守り神



ハワイの大自然である

海や動物









草や木やお花…

全ての大自然に神様が宿ると信じられています。

その大自然のエネルギーを施術者がパイプとなりお客様のお身体へと流していく


そんなロミロミで

コースの結びは心も身体も癒されていくことでしょう。





温めて汗をかいて、不要なものを流して捨てて、

大自然の神様にお力をお借りして癒されていく…。



贅沢な3時間コースです。(お着替えの時間は含まれていません)

ただいま、3万円のこちらのコースを2万5千円にて承っております。
(初回でこちらのコースを選ばれますと、3時間よりも少しお時間を頂く場合がございます。)

新しいメニューの為、HPにまだ掲載されておりません。
ご予約の際には、備考欄に「デトックススペシャルコース!」希望
とお書き添えくださいませ。
ビューティハウスBe

ご予約はこちらより


人気ブログランキングに参加しております。
ぽちっとこちらをクリックして頂けたら幸いです。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^

人気ブログランキングへ
ビューティハウスBe | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kiyonee.com/trackback/1088192
この記事に対するトラックバック
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、すべて著者本人のカメラで撮影したものばかりでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m