KIYOねえの美ジョレッチ生活

身体はロミロミ・アルジェサーキュレーションセラピー、心はヒプノセラピー、身体を温めゆるめて動かす!
食の改善は酵素栄養学より、セルフケアは「美ジョレッチ」全てはバランスです!体感してみませんか?

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 再マカプウ・ビーチとヘイアウの癒しの時間 2ドルザ・バスの旅 元気コースその3  | main | あっあっあー!一生一度ならピエロも主役さぁ〜♪ >>

めちゃうま黒い冷麺^^「ゆっちゃん韓国レストラン」@ハワイ オアフ島

6月16日(月)



おっはようございますぅ〜。
せっかくハワイですから^^青い空と青い海からですね。ウフッ
もう、この青さを見ているだけで幸せです。

さてさて、今日は黒い麺の冷麺をご案内ですぅ。
しかも、シャリシャリシャーベット状態のスープに入っておりまして、やめられませんとまりません(^^ゞ。

ではでは早速!



こちらは

「ゆっちゃん韓国レストラン」
Yu Chun Korean Restaurant

住所:825 Keeaumoku St. Honolulu
電話:944-1994

アラモアナセンターの山側になります。
ではでは、さっそくぅ〜



冷麺だけの単品もあります。が、お友達の妹さんと二人で行きまして(お世話になっておりますので^^)プルコギと冷麺のセットと冷麺を頼んでプルコギを半分ずつにしましたです。
プルコギもめちゃ柔らかくて、ハワイの気候で食べるには少々味が濃いくらいのプルコギで丁度良かったかも?美味しかったですよん。

そして、続いて出て参りましたのがこの黒い麺の冷麺

えっ?いまいちわからない??
ではでは、うわものをはずしてみましょう〜



こぉんな感じです。シャリシャリシャーベット状態のスープを飲んでもGood!
めちゃうまです、お友達ご夫妻はこちらをよく訪れるそうですぅ。



そして、妹さんが選んだのが!この辛いソースの冷麺。

しあわせぇ〜。。。ハワイは食べ物も美味しいものが沢山あるし、この青い空に青い海素敵すぎます。。。

この素晴らしいハワイで産まれた伝統的な本物のロミロミを是非!お伝えしたいです。来週はテストだぁ〜今週来週は月曜日から土曜日までびっちりロミロミ漬けです。楽しみ^^

ではでは、今日も元気に一日過ごしまぁす!〜
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^

人気ブログランキングへ
ハワイのグルメ | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

ども!
Hawaiiではお世話になりました。
Kiyokoさんあっての、kimiでございます!

♪(円広志でどうぞ)
もんでもんでもんでもんで〜
という具合でかなりお勉強させていただきまして、ありがとうございました。

日本に帰って、さてどうやって復習するかな・・・と考えているところです。
これからもブログチェックさせていただきまーす。

皆様にもよろしくお伝えください。
kimi | 2008/06/17 8:54 PM
kimi様

なにをおっしゃいますか、ワタクピのほうこそ教える立場を学ぶと言う意味で勉強になりましたですぅ〜ありがとうございますぅ。3日間コースではいかがでしたでしょうか?ロミロミに興味を持って頂ければ幸いです。続けて欲しいなぁ〜。ワタクピ達はこれからもあと2週間ビッチリロミロミの日々ですが、ますますレベルアップ出来ることが楽しみでなりません。
日本に帰ってからゲストの皆様の反応がどうかわるか楽しみです。伝統的なロミロミマッサージをしっかり習得出来ることが嬉しく、今回はインストラクターコースということで今後はセラピストになりたい方々にお伝えできることも喜ばしい限り。
ハワイの青い空と青い海と山々の大自然のエネルギーをどこにいてもゲストの方や仲間達と共有しながらロミロミマッサージを心から楽しんでいます。。。アファメーションしてみました^^。
ヒプノ・セラピーは凄いね。お互いに楽しみながら歩いていきましょう〜。
KIYOねえ | 2008/06/18 1:51 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kiyonee.com/trackback/518390
この記事に対するトラックバック
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、すべて著者本人のカメラで撮影したものばかりでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m