KIYOねえの美ジョレッチ生活

身体はロミロミ・アルジェサーキュレーションセラピー、心はヒプノセラピー、身体を温めゆるめて動かす!
食の改善は酵素栄養学より、セルフケアは「美ジョレッチ」全てはバランスです!体感してみませんか?

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< H&M@マンハッタン | main | ヒプノ・セラピーのリラクゼーション コース1 >>

ラビットアイランドを臨む大海原

9月16日(火)

おっはようございますぅ。
雨が降ったり晴れたりこの夏は本当に一瞬一瞬のお天気に行動が左右されるときが多いですね。
暑さ寒さも彼岸までと昔の人は言いましたが、本当によくいったもので後一週間…くらいで秋になるんでしょうねぇ〜ということを感じられる今日この頃…。

さて、ハワイもニューヨークも既に恋しくなっているワタクピは…、次なる計画を立て始めています。ブログを書いているといろいろな再会があって面白いなと思う今年ですが、最近はニューヨークからちょっと一時帰国しますのでロミロミお願いしますぅ〜というお客様がちらほらおられます。

ヒプノ・セラピラピストのお友達もロミロミ受けたいぃ〜と。。。
ヒプノで心のリラクゼーションと身体のリラクゼーションで肩こりや身体の調子の悪さも心から自分の力で変化させていくと実は治ってしまったりします。アメリカでは病院の中にヒプノ・セラピストが常駐しているところも沢山あり、癌をヒプノ・セラピーで治してしまったという本も出版されているほど。
ヒプノは催眠術をかけるものとは異なり、脳波のβ波(起きている状態)、α波(とてもリラックスしている状態)、θ波(寝ている状態)、δ波(深く寝ている状態)という4つの状態のうちのα波(アルファ波)の状態を使って心の奥深くの無意識な部分の潜在意識と繋がって、自分で潜在意識を感じて頂きます。とぉ〜ってもリラックスした状態でまわりの音や気配も感じられ、会話もできる状態で行っていきます。自分でやめることも進むことも出来るので安心して受けられるのがヒプノ・セラピーでございます。

ロミロミといえば直接的な働きかけでの身体の癒しが心の癒しにまで繋がって、ホロホロ涙が出てきたり、お腹の中でガスがぐるぐる言い出したり、生あくびが出たり…これはヒプノでも同じようなことがおきたりします。これは身体の中の悪いものが外へ出ようと良い働きをしようとするからです。
直接手のひらや腕を使って筋肉の奥深くまで浸透させていきますので、痛き持ちよい感じ。ひとつひとつの部位を丁寧にほぐしていきますので、深いリラックス状態を感じられます。

さて、そんなロミロミを施術する際にとおっても大切なのがヒーリング。手技よりも実はここの部分が重要なのであります。大自然のエネルギーが自分の身体を通じてゲストに流れるようイメージをします。そのイメージの際にワタクピが見ているハワイの大自然のエネルギーを感じられる場所…。
もちろんヘイアウやパワーストーンなどのエネルギーを感じられる場所もございますが、大海原がワタクピの癒しの最高のスポット。

そんな中でもうさぎ好きなワタクピは、ラビットアイランドの見えるマカプウ岬が大好き!



マカプウでぐいっと左を見るとこのような…。
雄大な海へと続く空の道をスカイダイビングの方々は舞っています。
これワタクピも体験しようと思っております。
さて、これをいつやるかは自分で決めれば良いんですが、まだ決められずにおります。。。。



右側には…。
これがラビットアイランドでございます。

この島って兎の顔の部分に似て居るんだよね。。。横顔…に見えるよね?

って???そうなんです見えるんですが…、そうとも言えるんですが実は…。このラビットアイランドにまつわるお話しがございまして…、これは聞いたお話ですがご紹介します。

このあたりには4つの島があり、2つの海底火山の爆発が起こり出来たと言われています。そのうちの一つがこのラビットアイランドという愛称で呼ばれ親しまれているマナナアイランドでございます。
祭壇や埋葬場の遺跡が残っているそうで、古代ハワイアンはこの島に足を運んだ形跡があるそうです。祭壇というのは漁業の神様に捧げられたものという説がございます。

古代ハワイには兎はいなかったとのこと。1880年初めの頃にとある農場の方が食用に兎を育てることを考え、ハワイの外から兎を持ち込み、この島に放し飼いにしたのだそうです。
育ててみたものの、兎を育てて食用にするという計画は上手くいきませんでした。ところが兎はどんどん増え、1980年代に至るまで100年ほどいきたのだそうです。ところが、海鳥とバランス良く共存出来ないとわかったハワイ州はこの島の兎を絶滅においやったのだとか…。
この島はその後ハワイ州の指定の海鳥保護区となり、現在は海鳥だけが島に存在しているそうです。

この周囲はとてもお魚が沢山居るので、古代ハワイアンの方々はここで神様に漁業の安全と大漁を願って祈願していたのでしょうか…。
最近では釣りのスポットとしても愛されているとのこと。

ワタクピ自身は釣りをしませんので、この付近まで船で行ったことがないのですけれど…。そういえばブログに以前書かせて頂きましたが、ヘイアウで知り合ったおじさんがあそこまで泳いだらライフガードと警察がやってきてこっぴどく怒られたって言ってましたっけ…。



この場所からみる大海原も大好きです。大自然のエネルギーを感じる場所のひとつでございます。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^

人気ブログランキングへ
ハワイのお勧めスポット | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kiyonee.com/trackback/619920
この記事に対するトラックバック
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、すべて著者本人のカメラで撮影したものばかりでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m