KIYOねえの美ジョレッチ生活

身体はロミロミ・アルジェサーキュレーションセラピー、心はヒプノセラピー、身体を温めゆるめて動かす!
食の改善は酵素栄養学より、セルフケアは「美ジョレッチ」全てはバランスです!体感してみませんか?

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< サロンのちら見^^ | main | ニュージャージーにたどり着きました >>

メネフネの住むポロル渓谷はマナがいっぱい!

3月11日(木)

おはようございますぅ。今から荷造りして(汗)お昼に出発してニュ−ヨークに行ってきまぁす!

といいながら、ブログのほうもどんどんアップしていきますです。

さて、本日はハワイ島の大自然を満喫し、興奮冷めやらずなワタクピのポロ流渓谷のご報告でございますぅ。



ノニ、ラッツ・テイル、シャンプージンジャー、パラパライ、アジアンタム、ティー、ハープウ、エアープラント等の植物さんたちがトレイルで歩いていくと見られるそうです。。。

そうです…というのもトレイルをしている時間がなかったので、聞いたお話です。

このポロル渓谷にはメネフネが住んでいると言われております。
御伽噺に出てくる伝説の妖精。暗くなってから陽が上がるまでの間にいろいろなものを作ってしまうという妖精。今でも人間に形を変えて存在しているとか、あそこの道を歩いていたとか…そういう話はまだ存在しているようです。そんなメネフネの住むポロル渓谷にはマナ(大自然のエネルギー)が強く存在し、大津波が起きても守られていたため大事に至らなかった等の守られていると信じられているのであります。

ハワイの方々は神様や大自然をとても大切にしています。神様はそれぞれの場所にそれぞれの神様が宿っていると思われ、代表的なのはキラウエア火山で今でもエネルギーがあふれて活動をしているペレ様でございます。



この日は晴天で真っ青な青空ではございませんでしたが、霧がかかっているような感じがまた神秘的で…。興奮しているワタクピたちは笑顔が絶えません。




そして、このポロル渓谷には牧場から逃げ出してきた馬が自分の居場所を作りそっと暮らしています。見えますかぁ?裸眼では見えたのですが。

この前には黒砂が広がる海岸が続き、なにせ神秘的な場所です。
大きく深呼吸をはぁ〜としてみると、ふと目の前に??
なんてことがあるかも?です。

マナを沢山頂いて、日本のお客様の身体に流せるようたくさぁん深呼吸をしてまいりました^^。うふっ。

あー、もう9時をまわりました、荷造りしてお昼にはでかけてきまぁす!
次はニューヨークで更新ですね。。。ではでは。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^

人気ブログランキングへ
ハワイ島 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

きれいな景色。気持ちがスカッとしますね。
コメントは入れてませんがブログは拝見してますよ。姉さんの元気の源を私にも分けてもらってます。ありがとう
はんぞう | 2009/03/12 6:49 AM
 こんにちはっ。
何年振りかでコメントさせて頂きます。

 遅くなりましたが、サロンのオープンおめでとうございます。
素敵なお部屋が見つかって良かったですね☆

 そして明るいハワイレポートも、ありがとうございます。
牧場から逃げ出した馬がひっそりと暮らしている・・・なんて、なんだかロマンを感じます。
ちなみに馬は何頭なんですか?
もし1頭だけなら寂しいでしょうね。

 ではこれからも宜しくお願いします。^^


ルル | 2009/03/12 12:54 PM
はんぞう様

いつもコメントありがとうございます。エネルギーを共有していただけているのは嬉しいですぅ。今回はニューヨークのエネルギーを共有しましょうねぇ〜。

ルル様

サロンは3/29日オープンなのでこれからですぅ。楽しみです。
お馬さんはですね、裸眼では二頭見えたのですが、たぶん3頭は居たと思います。
が、正確にはわかりませんです。
メネフネが姿を変えているかも???
なにゆえ神秘的な場所なので。次回はトレッキングしてきたいなーと思ったりしています。ハワイは御伽噺が沢山あって面白いですよん。ぜひぜひまたコメントお待ちして押しますぅ。

KIYOねえ | 2009/03/12 11:57 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kiyonee.com/trackback/794268
この記事に対するトラックバック
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、すべて著者本人のカメラで撮影したものばかりでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m