KIYOねえの美ジョレッチ生活

身体はロミロミ・アルジェサーキュレーションセラピー、心はヒプノセラピー、身体を温めゆるめて動かす!
食の改善は酵素栄養学より、セルフケアは「美ジョレッチ」全てはバランスです!体感してみませんか?

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 竹内玲子ちゃんがデザインしてくれます(^^♪ | main | 伊代ちゃんロミロミ&Beすっきりリンパフェイシャルの巻 >>

クアロアランチで購入したプルメリア(^^♪

7月15日(水)

あっともうこんな時間です。
日付も変わりましたです(^^;)

昨日はリンパにヒプノにロミロミと…皆様がそれぞれに笑顔でお帰りいただきましてホントに嬉しく幸せを感じます。



そして、サロンのベランダのプルメリアもどんどん咲いておりまして、ご覧の通りです。ホントに今現在…今携帯カメラでうつしましたです。

んで、そのお隣は…マカロンさん。
実はマカロンはそんなにすきじゃないんですね…ワタクピ。
不思議な固さがどうもお砂糖のかたまりを食べているような触感で…。
ところがこちらふんわりふわふわ。
マカロンは16世紀にイタリアから伝わってきたといわれているそうです。
その後フランス各地法へ広がりさまざまな種類が誕生されたそうな。
このマカロンはパリの洗練されたマカロンだそうで、外側のサクサク感と中身のフワフワ感。
ピエール・エルメさんのマカロンさんですぅ〜(^^♪
お客様から頂いて、へぇ〜こんなマカロンさんもあるんだと感激(!^‐^!)
このブログをご覧になられている方は

「そんなの知ってるよーん(^-^)」

という方が多いかもですが(^^;)。なにゆえデパ地下に殆ど行かないワタクピ。時代に取り残されてるかもぉ〜(@_@;)

さてさて、前者のプルメリアですが、ハワイのどこで買ってきたの?と浴聞かれます。。。こちらのプルメリアさんもTiの木さんもこちらで購入させていただきましたぁ〜。



クアロアランチ牧場でございます。

観光地ではございますが、ワイキキあたりで購入するよりもお安く、幹もしっかりしたのがございました。。。
が、ピンクを購入しましたが黄色が咲きました(@_@;)

バギーや乗馬のほかに海の遊びもございます。
そういえば、昔所ジョージさんの番組でハワイに行った際に、牛追いゲームの企画が企画倒れになったっけ…。
スタッフが半年前にロケハンに行った際には生まれたばかりの牛で半年後ならまだ小さいから平気だろうと企画したのですが、半年経てば大きさは大人よりもじゃっかん小さい?大きさになっており、とても牛追いなんつー事はできず、企画倒れになったことがありましたねぇ〜(^^;)
動物さんは成長が早いんですよね。



山は男山…とても力強く、もっと険しい場所になると彫刻を彫ったような山肌。海と山を身近に感じる場所です。



乗馬はケイキ乗馬もあったりしてお子様づれでも楽しめます。



近くに帽子のような形の島が見えます。

クアロア牧場のサイトより…。

オアフの東側に小さな無人島があります。標高63mのこの島は、昔コオラウ火山の一部だったのです。この島はチャイナマンズ・ハット(中国人の帽子)と一般的に呼ばれています。しかし、ハワイ人はこの島をモコリイ島とよびました。モコリイとはハワイ語で「小さなトカゲ」を意味しています。伝説によりますと、ヒイアカという神が巨大なトカゲを退治したそうです。その尻尾を湾になげこんだところ、尻尾がこの島になったのです。
この神々の伝説が残る場所にクアロア牧場があります。

このクアロア牧場の歴史は1850年に始まります。当時、カメハメハ三世の相談役であったゲリット・D・ジュ―ドは622エーカーという広大な土地を1300ドルで譲り受けます。数年後には彼の息子がハキパウとカアアバの峡谷、漁業権、そしてモコリイ島を購入します。

その息子は娘婿のS・G・ワイルダーと共同でサトウキビの栽培をはじめるのです。彼らは溶岩とサンゴと砂からモルタルをつくり、オアフ島最初の精製工場をつくりました。

サトウキビ産業全盛の頃です。すべてが順調に見えました。しかし、不幸が彼らを襲ったのです。1868年、ワイルダーの9歳の息子が煮えあがる砂糖の釜に落ちて死亡してしまうという事件がおきました。不幸は重なります。干ばつがクアロアを襲いました。サトウキビは壊滅状態におちいりました。そして、1871年にサトウキビ工場は幕を閉じたのです。

1900年代に入り、クアロアは牧畜をはじめました。クアロア牧場の誕生です。

しかし、クアロア牧場に暗い影が再び忍び寄ります。戦争です。第二次世界大戦中、牧場は軍の所有になりました。クアロアに沿岸防御用の基地がつくられました。

 
戦後、牧場は再び持ち主の手にもどりました。クアロア牧場の新しい出発です。70年代に入ると、乗馬施設がつくられます。そして、80年代には他のアクティビティーが加わり、オアフでも有名なアクティビティーセンターに変わっていたのです。

 
クアロア牧場のユニークな点は、農業、教育、自然保護、レクリエーションが深く結びついているところです。遊びながらも、自然のすばらしさを享受することができるのです。この自然との結びつきはこれから先、何世代にもわたって伝えられていくことでしょう。



とのことです。おみやげやさんも充実しています。
あれから…今まで立ち寄ったことがなかったのですが、この3月に立ち寄ってみました。こんな風景に囲まれてのんびりするのもよいかも?です。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^

人気ブログランキングへ
ハワイのお勧めスポット | permalink | comments(8) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

伊代さんのブログから見たんですけど…お店出してるなんて、知らなかったです!!
キャプテンの時も、かわいいかったですけど、今も変わって無いですね!!
これからも頑張って下さいね。
なる | 2009/07/16 4:08 PM
なる様

はじめましてぇ〜(^^♪
昨年のキューティマミーのコンサートで舞台の上でサロンオープンしますとご案内してからホントに開いてしまいました(^^;)。
かわいいだなんて…ありがとうございますぅ。また遊びにいらしてくださいませ。
コメントありがとう〜。
KIYOねえ | 2009/07/18 1:21 PM
ま・ま・まさか本人から!!返事もらえるなんて!!
あれから…ブログのほうを拝見さして、いただいてまぁ〜す頑張って下さいね。
なる | 2009/07/20 9:59 PM
なる様

ありがとうございます。楽しみながらセラピーさせていただいてます。なる様も機会を作ってサロンにいらしてくださいね。
ロミロミやBeすっきりリンパフェイシャルの伊代ちゃんも体感したセラピー楽しんでいただけたら嬉しいですぅ。
KIYOねえ | 2009/07/20 11:26 PM
またお返事くれて、ありがとうございます…(*^_^*)
俺は伊代さんデビュー前から好きで、
伊代さんのコンサートも数多く行き、その度にKIYO姉もかわいいなぁ〜って思ってました(^^)
俺は埼玉なので、お店恵比寿のどの辺ですか?是非とも行って見たいでぇ〜す、あと料金とか、いくらぐらい掛かるか、教えてくれたら、ありがたいんですけど…
なる | 2009/07/21 7:18 AM
なる様

しゅっしゅみません。。男性の方だったのですね。大変失礼致しました。男性の方は路面店ではなく隠れ家サロンという性格上、女性顧客様のご紹介またはペアロミロミでお申し込みの方限定とさせていただいております。。。
申し訳ございませんでした…m(_ _)m。すっかり女性の方と勘違いしておりました。。。以後このような思い込みがございませんよう気をつけます。ご理解いただければ幸いです。

コメントありがとうございますぅ。伊代ちゃんのコンサートいつもいらしていただいていたとの事、キャプテンからも御礼申し上げます(^-^)。今後もイベントのお仕事や伊代ちゃんがらみは参加していく予定でございますので、またお待ちしておりますね(^^♪。
伊代ちゃんのファンの方々は当時からとても礼儀正しいと感じておりました。彼女の波動なのかなぁ〜と。伊代ちゃんと一緒に居て1度も嫌な思いをしたことがありません。彼女はホントに女性としても素晴らしいですよん。今後ともよろしくお願いいたします。
KIYOねえ | 2009/07/22 6:40 AM
お店には男は、行け無いのかぁ〜(-_-;)残念だなぁ…
けどKIYO姉も好きだし、またブログの方も見たり、コメント出すくらいは、いいですかねぇ〜
なる | 2009/07/22 7:29 PM
なる様

ホントにしゅみません。。。
もちろんブログをご覧頂いてコメントお待ちしておりますです。ありがとうございます(^^♪今後ともよろしくお願いいたします。
KIYOねえ | 2009/07/22 11:06 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kiyonee.com/trackback/907383
この記事に対するトラックバック
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、すべて著者本人のカメラで撮影したものばかりでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m